ホーム > こどもの予防歯科

こどもの予防歯科

フッ素

フッ素の主な虫歯予防効果

・フッ素が歯質に取り込まれ酸(虫歯)に強い歯を作ります。
(フルオロアパタイトが形成され歯質が強化されます)

・歯の再石灰化を促進します。
酸によって一度溶けてしまった歯(エナメル質)を再び元に戻す働きがあります

シーラント

子供の歯(乳歯)や生えて間もない永久歯は柔らかく虫歯になりやすい状態にあります。
溝が深く、歯磨きしてもどうしても食べかすが残りやすく、歯の質も未熟なため、すぐ虫歯になってしまいます。
虫歯になる前に「シーラント」というフッ素の入ったお薬を歯の溝に流して固めることでバイ菌が入らないようにし虫歯になりにくくします。

乳歯の奥歯が生えてきた時、永久歯の奥歯が生えてきた時にシーラントのおすすめ時期です


その他にも

あごの成長に関係する食育指導から、乳幼児期から歯みがきに慣れるために親御さんへの歯みがき指導、小学生期の永久歯が生えてくる時期には自分でしっかり磨けるようにブラッシング指導を行ないます。
乳歯や生え始めの永久歯は虫歯になりやすいので、定期的な検診をおすすめします。

▲TOPへ戻る

  • 診療時間9:30~12:30・14:30~20:00
    (水曜午後:14:30〜19:30 土曜午後:14:00〜18:00)
    【予約時間】平日:9:30〜19:00 / 土曜:9:00〜17:30
  • 休診日日曜日・祝日
  • 住所堺市北区北花田町2-4-1コプリー1F
TEL:072-246-0428
オンライン予約アクセス 求人情報
http://masumasu418.jp/m/
※携帯からもオンライン予約は可能です。
QRコードに対応した端末をご利用の方は上記のQRコードを携帯で読み取って頂ければ簡単に携帯サイトへアクセスできます。